« ブリキ玩具の魅力/そのプリント | メイン | ●ブリキのオモチャなぜ動物が多い? »

2006年6月23日 (金)

ブリキ印刷とプレス

●平たいプリキ板が、立体になって……
 プリキ玩具のプリントはオフセット印刷という方法で印刷されます。プリキのおもちゃにどうやって印刷したのかな?と疑問を感じられる方は、オフセット印刷がどういう印刷方式なのかご存じの方でしょう。オフセット印刷とは、平面に、インクのついたゴムローラーをころがして印刷する方法なのです。それではどうやって、でこぼこなプリキ玩具に印刷したのか?それを説明するためには、プリキおもちゃがどのようにして作られるのか、その工程を述ぺる必要があります。
Hb_g08wj まずどんなおもちやを作るかアイデアを出します。

H8xrqfcv 次にゲージ屋と呼ぱれる見本作りの専門家が形を作り上げます。昔は木型といって木を削って作っていました。今は油ねんどや樹脂で製作します。

Hxknr0xb スケッチ屋と呼ばれる色づけの専門家がおもちゃの出来上がりの見本を着色して作ります。多くは画家の卵が内職でしていたといわれています。

Xtefhfi4 ここまでくれば、次は量産するための金型を作ります。金型の数や、部分品の数など細部にわたって検討します。部品と結合するつめ(コハゼともいう)と呼ばれる部分まで決められます。

Gepyafl8 金型ができ上がると方眼を描いたプリキ板をプレスして、実物の形に仕上げます。

Nzrnal4p 方眼を描いたブリキ板は、このように伸びたり縮んだりして実物の形になります。

Cikjdsgs ゆがみを読み取りながら彩色見本のデザインをを平面に描き写します。それを基にして、ブリキ板にプリキ印刷します。プリキおもちゃの印刷は、あらかじめ伸びたり縮んだりする分を考えて、ゆがんだ絵を平面に印刷して、それからプレスで形にするわけです。

Rfp4ttnc ※印刷したブリキ板です。大きなブリキ板に各部品をつけ合わせます。この画像はそれの一つを型抜きしたものです。絵はプレスで絞られる前のものです。延びたり縮んだりするのを計算に入れた作画になっています。

4dp51cpg でき上がったプリキ板をプレスで絞って形を作り上げます。イメージ通りの出来上がりです。通常はまず試し刷りをして柄や線の仕上がりがイメージ通りになっているか点検します。合っていなければもう一度印刷の絵を修正してやり直します。

Y6zws3d3 各部分を組み立てて、機械部分を取りつけます。

Ijvkfpjh 調子を見て、箱づめし出荷します。

 プリキのおもちゃはたくさんの工程を経てでき上がりますが、その特徴は、何はさておいても、この美しいプリントでしょう。オフセット印刷という精密な印刷技術を使って美しく刷り上げたプリントは、プラスチック玩具にはまねのできない特徴なのです。
 極彩色の模様は、プリキのおもちゃを一層引き立たせ、私たちを空想の世界へと導いてくれます。
(C) OSAKA TIN TOY INSTITUTE 2006/読売カラー百科『おもちゃ図鑑』より抜粋(C)1985 (C)光プロダクション

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.eonet.jp/t/trackback/347137/13229443

ブリキ印刷とプレスを参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

最近の写真

  • 45p
  • Photo
  • 6zdh3a42
  • Cardborder17